~生活クラブ生協から生まれた信頼できる住まいの相談相手~

オルタスクエア株式会社

神奈川県横浜市港北区新横浜2−8−4 オルタ館

受付時間:9:00~17:00(日祝を除く)

会社概要

■オルタスクエア株式会社の組織

生活クラブ神奈川とは【注1】:「生活クラブ神奈川」は、日本に約600ある生協のなかの一つ。生活クラブ生協では、組合員(生協加入者)は単なる「顧客」ではなく、「出資・利用・運営」に自ら参加する「生協の構成員」です。組合員の自主管理と参加を強めることを目的として、県下の地域ごとの「ブロック生協」(横浜北生活クラブ、横浜みなみ生活クラブ、かわさき生活クラブ、湘南生活クラブ、さがみ生活クラブ)に分かれ活動しています。
組合員数 約70,000人

福祉クラブ生協とは【注2】:自分が長年住み慣れた地域を離れることなく、地域の中で育んできた人間関係を保ち、たすけあいながら自分らしく暮らすための「在宅福祉支援システムづくり」をワーカーズコレクティブと共に活動と事業を進めています。

■会社概要

 会社名    オルタスクエア株式会社
 役員               代表取締役 半澤 彰浩(生活クラブ生活協同組合・ユニオン 専務理事)
        常務取締役 坂内 博(管理建築士・事業部長)
        取締役 君島周子(生活クラブ生活協同組合・ユニオン 副理事長)
        取締役 柳下信宏(生活クラブ生活協同組合・ユニオン 常務理事)
        取締役 藤代元雄(福祉クラブ生活協同組合 常務理事)
        取締役 堺原敏夫(建築士)
        取締役 鈴木信弘(建築士)
        取締役 對馬哲郎(宅地建物取引士・建築士)
        取締役 山田孝志(統括部長)
 住所     神奈川県横浜市港北区新横浜2-8-4 オルタ館1F
 資本金    1,100万円
 電話番号   
045-476-1105
 FAX番号   045-476-1106
 e-mail           info@a-sq.co.jp
 営業時間   9:00~17:00
 定休日    日曜・祝日

■設立経緯と沿革

■生活クラブの中から生まれたオルタスクエア
 神奈川県内で生活クラブ生協がスタートしたのが1971年。安心・安全な食品を入手するための共同購入運動を拡大していく中で、「食」の問題にとどまらず、人体や環境へのリスクが高い合成洗剤をやめて「石けん」に切り替える運動、消費材の容器を繰り返し洗って使える統一ガラスびんにしていったグリーンシステムなど、環境問題を解決するためのモデルもつくってきました。
 「住まい」の問題も組合員の生活に大きく関わる大事なテーマであるとの認識から、1980年代から住まい事業がスタートし、それが発展して1998年に、オルタスクエア株式会社が設立されました。
 オルタスクエア株式会社は、生活クラブ生協・神奈川が持つ3つの子会社のうちの一つであり、出資株主は生活クラブ生協、福祉クラブ生協、そして意思ある住宅関連の専門家たち。そして取締役会も、生活クラブ・福祉クラブの組合員リーダーおよび役職員と、住宅の専門家たちで構成しています。
■オルタスクエアのこれまでの活動
1990年代は、「シックハウス」「化学物質過敏症」が大きな問題となりました。それを解決するために、国産木材を中心に自然素材を新築・リフォームの中に活かしていく事業を進めてきました。これまでに完成した自然住宅は180数件。また、組合員住宅のリフォーム・メンテナンスは、年間500600件行っています。
 土地を共同購入してそれぞれの住宅の敷地とともに共有スペースを持つコミュニティを形成することも目指しました。神奈川区西寺尾で3棟の住宅を建てた実績がありますが、その後も何回か土地のチャンスはあったものの、同様の「もう一つの街並みづくり」は実現できていません。
 共同で建てて共同で住まう集合住宅「コミュニティ・リビング」の建設も当初の目的の一つでしたが、条件のあう土地物件が見つからなかったこともあり実現できませんでした。現在は、人々の生活の個人化・無縁化が進む中、住宅地の中で人々のつながりがなくなっていき、「空き家」が増え、子育て世帯や高齢者世帯などの孤立感が高まっています。地域の中で人々が交流し助け合える仕組みをつくっていくことが求められるようになりました。子育てや介護の拠点、多世代が交流する「居場所」、日常の食品が買えるミニショップや、コミュニティカフェなどが必要とされるはずです。そのことに関わることで地域の中での「コミュニティ・リビング」を新しい形でつくっていくことを目指します。生活クラブ生協・旧茅ヶ崎センターを改装しての介護および保育拠点の設計監理などを行ってきましたが、旧緑センターの跡地で20184月に開設された「くらし・てらす」の設計・監理では、これまで組合員の住宅の新築・リフォームで活用してきた無垢木材・珪藻土や、国産杉材を窒素加熱処理した腐食しない外構用材を活かすことができました。

■主なサービス

■生活クラブ生協の組合員を中心に組合員以外で地域に住んでいる方にも同価格で、小さな
 リフォームから新築まで住まいの環境・環境を考え住まい手に寄り添ったかたちでサポート
 します。

■無料見積り相談(住まい手の意向をお伺いし、ご希望に沿った内容を相談しながらご提案さ
 せて頂きます。)

■住まい手の健康を第一に考え、さらに環境にも配慮し、珪藻土・漆喰・無垢材などの自然素
 材を使用するリノベーションやリフォームも行っています。

■新築設計・工事は自然素材の活用、日光や風を取り入れる設計、家族の成長に合わせて変化
 していける間取り、収納の工夫、などに重点を置きながら、施主のご希望と条件に応えて対
 話しながらプランをつくるオンリーワン住宅です。

■メンテナンス
 経過年数による劣化や必要に迫られた工事等を適正な価格で実施します。
■不動産
 土地探しや土地活用の相談対応や土地・建物の売買からマンションの仲介も行います。

■アクセス

新横浜駅から徒歩7分